なんとなく、トクシテル

日々のくらしに潤いを求める人のブログ

ハウス「わふーちぇ」でお手軽和風デザート

ハウス「わふーちぇ」を3種いただきました。

牛乳を混ぜるだけでぷるぷる、とろとろの和風デザートが楽しめます。かのフルーチェの和風デザート版ですね。

フルーチェはフルーツに含まれるペクチンが牛乳と反応して固まるのだと以前聞いたことがありますが、わふーちぇはどんな仕組みで固まるのかしらと原材料を確認したところ、「りんご」の文字を発見。おそらくこのりんごに含まれるペクチンが固まる仕組みなのだなと勝手に納得しました(違ったらすみません)。

黒蜜きなこは混ぜてすぐ、抹茶は冷蔵庫で30分冷やしていただきました。冷やすと固まって、よりぷるぷる感を楽しめる気がします。

和栗はパッケージに載っていたアレンジメニューでいただきました。食パンと和栗の組み合わせが、ケーキを食べているような感覚です。小腹が空いたときにぴったりな、おなかにたまるおやつになりました。

どれもおいしくいただけましたが、我が家では抹茶が特に好評でした。宇治抹茶のほろ苦さが大人の味を感じさせます。

牛乳を混ぜればすぐに食べられるので、普段のおやつはもちろん、急な来客にも対応できそうです。甘いものが突然食べたくなったときにも便利そう。シーンに応じて上手に利用したいです。

香るおろし本わさびでいつもの料理がランクアップ

金印わさび「香るおろし本わさび 信州安曇野産」をいただきましたのでレビューします。

こちらのわさびは、主原料に信州安曇野産本わさびのみを使用。独自の製法によって香りを逃すことなくパッケージングしており、チューブでありながらおろしたてのようなさわやかで香り高いわさびの味が楽しめます。

お皿に出してみるとこんな感じ。無着色で、本わさび本来の色が活かされています。原料を厳選することによって出せる自然な色味だとか。

まずはスタンダードにお刺身につけてみました。

わさびの香りとともにほのかな甘みも感じられ、さらにおいしくお刺身をいただくことができます。わさび単体でも楽しめるしっかりとした味わいです。

続いてお料理に使用。

鶏肉のわさびマヨ炒めを作りました。炒めても香りはそのまま。まろやかなマヨネーズにわさびがほのかに香り、いいアクセントになりました。

いずれも、いつものメニューがワンランクアップするように感じました。ほかにも活用方法を考えたいと思います。ありがとうございました。

【RSP71】モクテル(コカ・コーラボトラーズジャパン)

今とっても話題、な「モクテル」。いったい何ぞや?と思ったら、似せる・まねるを意味する"mock"と"cocktail"を組み合わせた造語だそうです。いわゆるノンアルコールカクテルですが、とてもおしゃれな言い方!

モクテルを作るのはとても簡単。いつも飲んでるドリンクをミックスするだけ。フルーツなどを添えるとなおハッピーになれます。

モクテルは、ママ友同士のホームパーティーや大切な人と過ごす時間、休日のリラックスタイムなど色々なシーンに合わせられます。お酒が苦手な人や車の運転をする人も、こんなスペシャルなドリンクを飲んだら楽しく過ごせそう。

いただいたおみやげで作ったモクテルのほかに、こんなのも作ってみました。


綾鷹ソーダ

綾鷹に炭酸水とはちみつとレモンジュース少々をミックス。緑茶の香りにさわやかな酸味が加わって大人っぽいモクテルができました。

おいしいのはもちろん、自分だけのレシピを開発するのも楽しいですね。

#RSP71 #サンプル百貨店 #モクテル #おうちモクテル

【RSP71】濃縮麦茶缶でかんたん麦茶ライフ

麦茶は日本の夏の定番飲料。家でも外でも、すっきりごくごく飲める安心のお茶です。そんな麦茶を家で飲むときにありがちなことといえば、

  1. 気づいたらなくなっている
  2. 飲もうと思ったら少ししか残っていなかった

特に2!本当によくあります(夫への怒り)!なぜ少しだけ残して知らん顔するのか!?なぜ飲みきって新しい麦茶を作らないんだ夫!もしかしてボトルを洗うのが嫌!?というかこれってもしかして話題の「名前のない家事」!?麦茶で夫婦仲崩壊の危機!?

と、このくらいエキサイトしてしまうほど、家での麦茶作りは悩ましいもの。我が家も夏の間はフル回転で作っています。夫婦二人だからなんとか間に合っているけれど、お子さんのいる家庭だと四六時中麦茶作りに追われるのでは?と心配してしまいます。実際、夏は家族で一日に3~4Lの麦茶を消費するのだとか。

いくらティーバッグを入れるだけとはいっても、お湯出しなら冷えるまで、水出しなら抽出に時間がかかります。だからといってペットボトルを買ってくるのも重たくて大変。それに2Lのペットボトルは場所を取るのでストックするのも容易ではありません。

「グリーンダカラやさしい麦茶 濃縮タイプ」は、ありそうでなかった缶タイプの濃縮麦茶。麦茶作りの悩みを一度に解決してくれるすごい商品なのです。

作り方はとっても簡単。2L容器に缶の中身をあけたら、水を入れるだけ。たった10秒でおいしい麦茶ができてしまいます。

公式の作り方動画です。かわいい!

水の量を調節して、好みの濃さに仕上げることができます。しかも、小さな缶なので収納スペースもごみも少しで済みます!

とても便利な濃縮麦茶、はやくも来年の夏が楽しみになってきました。

#RSP71 #サンプル百貨店 #やさしい麦茶 #やさしい麦茶濃縮缶

【RSP71】「かけてチン♪温菜おかず」シリーズ(味の素)

働く女性にとって、毎日の食事を準備するのは大変な仕事です。疲れているときや時間のないときは特にそう感じます。そんなときに便利なのが「かけてチン♪温菜おかず」。切った野菜にかけて電子レンジで加熱するだけで簡単に一品料理ができるすぐれものの調味料です。

その3つの特徴はこちら。

  1. 野菜本来のおいしさを最大限に引き出す
  2. 電子レンジに短時間かけるだけなので時短につながる
  3. 電子レンジ調理なので野菜の栄養が逃げにくい

どれもずぼら主婦にはありがたくうれしい特徴ですが、中でも注目は1です。電子レンジ調理はボタンを押すだけで楽な反面、思う通りのできあがりにならないこともしばしば。「かけてチン♪温菜おかず」は、電子レンジ専用の配合にこだわり、この問題をクリアしています。

そもそも、電子レンジの調理とはどんな仕組みなのでしょうか。電子レンジは、"microwave oven"の名前の通り、マイクロ波によって具材の中の水分を振動させ、摩擦を起こすことによって加熱をしています。つまり、高濃度で水分量の少ないものほどはやく熱せられます。

また、調味料の粘度も重要なポイント。粘度が高いものほど具材の表面に調味料が絡みやすくなります。

「かけてチン♪温菜おかず」はこれらの条件を考慮して作られているので、短時間でおいしく調理ができるのです。

使い方は、野菜を切って電子レンジに2分かけるだけと超簡単。生野菜はもちろん、冷凍野菜でも同じように使用できるとのことで、洋風野菜ミックスでチャレンジしました。

レンジにかける時間は生野菜より長めになるものの、本当に簡単かつおいしく仕上がりました。洋風野菜とバーニャカウダ味がよく合います。特に芽キャベツが最高!我が家は市販・自作問わず冷凍野菜をよく利用するので便利に活用できそうです。

ラインナップはコクうま黒酢味とバーニャカウダ味の2種類。バーニャカウダソースを自作するのは面倒ですが、これならいつでも手軽に楽しめますね。

楽しておいしい食事を楽しめる一品、とっても気に入りました。

#RSP71 #サンプル百貨店 #かけてチン温菜おかず #味の素